【PUBG】 Predator League 2020/21 Grand Final :Asiaは韓国のDWG KIAが2位スタートから追い抜き優勝を決める!日本勢は3ドンを獲得したRJがトップの6位フィニッシュ!続く形で7位E.36、8位DGW、9位SSTで終える。

PUBG

2021年4月6・7・10日にPUBG Predator League 2020/21 Grand Final:Asiaが行われました。

本来であればAcerが主催するPredator Leagueはオフラインで開催され、全11地域から招待されたチームがマニラにおいて1位をかけて戦う国際大会となる予定でしたが、コロナウイルスの影響もあり、APAC&Asiaで開催されるように変更された大会となりました。(Predator League自体は例年開催済み)

Predator Leagueでは3日間で計12試合(各4試合ずつ)行われ、3日間のトータルスコアで順位を決めるシステムとなっています。
また、1位~3位には賞金があり、それぞれ
1位:$ 37,500
2位:$ 15,000
3位:$ 7,500
の合計$ 60,000となっています

以下、Predator League 2020/21 Grand Final:Asia総合結果となります。

Predator League 2020/21 Grand Final:Asia総合結果

Predator League 2020/21Top3

1位:DAMWON Gaming(韓国)/$ 37,500

2位:GPS GHIBLI(韓国)/$15,000

3位:Danawa e-sports(韓国)/$ 7,500

優勝はDAMWON Gaming(韓国)であり、Day2終了時点では2位でしたが、最終日となったDay3で見事逆転し優勝となりました。
順位ポイントは2位のGSP GHIBLIと同じ50ポイントでしたが、キルポイントで大きく突き放しての優勝でした。

2位はDay2を1位で終えていたGPS GHIBLI(韓国)となりました。
Day3開始時点では2位(当時)のDWG KIAに約10ポイント差をつけていましたが、Day3ではなかなか振るわず結果として2位フィニッシュとなってしまいました。

3位はDay3で3位スタートであったDanawa e-sports(韓国)となりました。
3位以降はポイントが僅差の団子となっている中、Danawa e-sportsは結果として今大会3ドン勝を獲得するなど、最後のほうでポイントを重ねて3位フィニッシュとなりました。

日本から出場した4チームであるRascal Jester、ENTER FORCE.36、DetonatioN Gaming White、SunSisterRJが6位、E.36が7位、DGWが8位、SSTが9位と日本勢で順位がまとまる結果に。
なかでもRJは今大会3つのドン勝を獲得しました。そのほかのE.36とDGWは1ドン、SSTは奇しくも0ドンの結果で本大会を終えることとなりました。

Predator League 2020/21出場全チーム

韓国(4)

  • Danawa e-sports
  • DWG KIA
  • GPS GHIBLI
  • Afreeca Freecs

日本(4)

  • Detonation Gaming White 
  • ENTER FORCE.36
  • Rascal Jester
  • SunSister

チャイニーズタイペイ(4)

  • Team Curson
  • Predator ShuTeRong
  • Fightring-Bees
  • YUDA eSports

マカオ(1)

  • MP5

香港(3)

  • M88
  • Just Do It
  • Venus Gaming

日本語配信

Day1
twitch

Day2
twitch

Day3
twitch

出場選手個人成績

以下リンクより、出場選手のキル数アシスト数などのデータを見ることができます。※英語サイト

Twire

引用

Predator Gaming(Twitter)

PUBG Esports JAPAN(Twitter)

liquipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました